最愛 ピノ・ノワール マーカッサン "マーカッシン・ヴィンヤード" Vineyard Marcassin Marcassin [2003] ソノマコースト-その他


  • ■パーカー曰く「マーカッサンの試飲は評論家とすれば
    挑戦だ。このワインは "批評を超えている" のだから…」

    【Marcassin Pinot Noir "Marcassin Vineyard" 2003】

    ★ 準パーフェクト・ヴィンテージ ★

    △ 有難う御座います。お陰様でワイン・ランキング三冠達成!
    (※米国総合/加州総合/ソノマ 各赤部門一位:2014年7月28日(月)更新分)

    King of Pinot Noir
    2014年6月、『ピーター・マイケル』 に次いで米国史上二番目のパーカー100点ピノ・プロデューサーへと到達した 『マーカッサン』。その該当作品は十万円クラスとなってしまいますが、一点マイナスするだけで、数割安で手に入ります。それがこちらの’03年。




    ▼マーカッシン・ヴィンヤード(Marcassin Vineyard)
    数々の伝説を築き上げてきた加州女流醸造家の頂点に立つヘレン・ターリー女史が、夫であるジョン・ウェットローファーと共に立ち上げたプライベート・ブランド 『マーカッシン』。ピノとシャルドネというブルゴーニュ系生産者としては 『キスラー』 と並び、絶対的な地位を確立する世界最高峰のプロデューサーとして知られています。パーカー氏は著書のアドヴォケイト内にて「マーカッシンを試飲する事は、評論家のからすれば "挑戦" である。なぜならこのワインは批評を超えているのだから…」とまで述べ、その至高の品質は世界の愛好家達を魅了し続けています。

    ▼ヘレン・ターリー(Helen Turley)
    「それは水と陸の戦いでした。」…と彼女は言います。1960年代後半、コーネル大学で学ぶターリー女史は、自らの将来を「農業経営者」と「海洋学者」の間で迷い続けていました。しかし当時の政府は海洋研究の基金を削減し、仕事先の選択は僅かとなってしまい…。結果、勝利を収めたのは陸であり、これこそがカリフォルニアのワイン界における天使誕生の起源といえるでしょう。70年代のモンダヴィ入社を機に、ナパ各地のワイナリーを点々としますが、当時のナパワイン産業における女性の地位は今からでは考えられぬほどに低く、「仕事」と呼べるほどのまともな役割を与えられることはありませんでした。失意の念で遂にはナパを離れ、ケンタッキー州に渡ってようやく手にした醸造家のポジション。僻地で十分な経験を積むとようやくカリフォルニアに戻る契機が訪れ、ピーターマイケルのブレイクとともに、あまりに遅すぎる正当なる評価が始まります。以後、真価発揮となる彼女の手が翳された芸術的作品の数々は皆さまもご存知の通り。今やそのいずれもがウン万円クラスのプレミアムワインへと昇華されるに至っています(ピーター・マイケル【RP99点】/コルギン【RP100点】/パルメイヤー【RP98点】/ブライアント・ファミリー【RP100点】/マルティネリ【RP97点】etc...)。

    白マーカッサンの99点は何度か入手できておりましたが、ピノの準パーフェクト・ボトルは久々です。

    Wine Advocate #213(2014.6)より 【RP99点

    「I was somewhat surprised to see that the 2003 Estate Pinot Noir merited the same score that it has received every time I have tasted it. Although I have never been able to award it a perfect score, it is as close to perfect as one will find. A terrific success in a vintage that rarely produced Pinot Noir of this quality except at selected micro-climates on the Sonoma coast. A majestic bouquet of black currants, smoky barbecue meat, blueberries and black raspberries soars from the glass of this dark plum/purple-colored wine. Full-bodied and stunningly rich with 14.5-14.7% natural alcohol, it possesses a layer of concentration as well as a multileveled complexity that builds incrementally across the palate.」

    勿論「究極のピノ」とは一評論誌の意見に過ぎず、アーシーなスタイルは好みの分かれるところではあると思います。しかしそれでも米国ピノの流通価格における頂点に君臨するボトルですから、そこには間違いなくそうさせる何かが存在するのでしょう。一度体験頂くのも決して悪くない経験だと思います。高額とはいっても、一方のブルゴーニュの頂点に比べれば…(^^;

    年産は≪450ケース≫。ロバート・パーカーをもってしても、どんな語彙を用いてもその味わいを表現することはあまり意味の無いこと…と言わしめた、米国が誇る最上のピノ・ノワールの一つです。

    いずれ「この価格でも安かった」と言われる時代が来るのでしょうか。

    ■パーカーポイント99点...

  • 瑞穂 ロイヤル瑞穂 古酒 43度 720ml x 12本 [ケース販売][瑞穂酒造 / 泡盛]
  • パーティー祝乾杯酒 30人分セット ドンペリニヨン 白 正規輸入品750ml×4本 (100ml×30人分) 芋焼酎 富乃宝山1800ml

最愛 ピノ・ノワール マーカッサン "マーカッシン・ヴィンヤード" Vineyard Marcassin Marcassin [2003] ソノマコースト-その他

スペシャルコラム商談の現場から